なかまる日記~会計・経営・乗馬!~

会計・経営・乗馬など,普段考えていることのまとめです!

フォーラム/ボキャブラリー/家計株式会社

昨日ランニングしたせいか今日の朝はすっきり目覚められました。ランニングした翌日っていつもすっきりしているんですよね。食事も以前に比べるとちゃんとするようになり,運動を加えてみたところ,頭や肩のこりも全然なくなりました。基本的な生活って本当に大事ですね。と同時に着実に年を取ってきたなあという実感があります。

 

研究のこと

今日は研究報告で大学に行ってきました。現地に着くや否や「君の研究は筋がいいかもしれない」と言われ,少し驚きました。とはいえ,グローバル経営の潮流を読んでのことだし,半年以上を費やして決めたテーマなのでそうでないと困るのですが。。

というわけで,これからいろいろ動きがありそうです。来週の頭にはフォーラムにも参加させていただくことになったので,研究が本格的に動き出した感があります。動きを止めずに着々と進めていこうと思います。

少し具体的な話になりますが,計画経済と市場経済のバランスの問題を今抱えていて,そこの問題をどうクリアしていくのかが今最大の悩みです。

 

授業のこと

単語だけにフォーカスする授業と,英語の基礎固めをする授業の2つでした。

単語の授業は準備段階から楽しい。言語は小学生の頃から関心があり,よくテレビゲーム内だけで話されている言語を勝手に解読していたものでした。そういうオタク的なところがある自分を客観視して,オタク的にならないように注意しなければなりません。逆に伝えたいところが伝わらずによくわからない授業になってしまいますから。準備段階で得た発見の大半は心の中にしまっておき,学生にとって過不足なく取り組みやすい内容にできたと思っています。

基礎固めはとにかく反復練習。今日から読解も少し。「なんとなく読み」をいかにやめさせるかが大切で,こちらは時間がかかります。こちらの忍耐力が問われます。

両方ともいい雰囲気でやれました。

 

本のこと

月に一回ブックオフに行って108円の本を特に深く考えず大量買いするというのを好きでやっているのですが,今日読んだのは藤川太著『家計株式会社化のススメ』です。家計を会社のように見立てて,どのようにお金をやりくりするのか,ベターな方法を述べています。

全体的にはあまり深くは感動しなかった(笑)読んでいると,「決算書をつくる」や保険の話など具体的な方法論が書いてあるのはいいのですが,途中途中で著者の精神論が入ってくるんですよね。その辺りはすべてすっ飛ばして読みました。

前回の会社法の本のような感覚で読んでいたために,少し鬱陶しいと感じるところはありました。しかし,家計の立て直しやさらに資産を増やそうと考える方にとっては良い本だと思います。

 

家計株式会社化のススメ (講談社+α新書)

家計株式会社化のススメ (講談社+α新書)

 

 今日はこの時間にちゃんと眠くなってきたので,ぐっすりと眠れそうです。

 

研究テーマの決定/話し方/会社法

朝晩がとても冷えるようになってきました。今年は春はとても短いように感じましたが,このままいくと秋も短そうです。

そろそろユニクロに行って黒い長袖のTシャツを買ってこなければ。最近服を選ぶのが面倒になり,そんなに私服を着る機会もないからいいやと,同じ服ばかり買って着ています。

 

研究のこと

研究の方はようやくテーマが決まりそうで,これからがっつり書いていく期間に入りそうです。修士時代はテーマが決まってからはガラッと過ごし方が変わってひたすら論文を書き続ける日々でした。今回もそうなりそうで,少しわくわくしています。

とはいえ,テーマを大きくぶち上げてしまったために研究はとても時間がかかりそう。2年で完成させることを考えると,あまりもたもたしていられません。しかし完成させればいろんな機関に出入りできることになりそうなので,単純にそれを楽しみにしてまずは書き始めます。もちろん,現代の企業経営にとっても非常に大切だと思うことを書くつもりです。

 

授業のこと

授業では,ここ最近は話し方を変えようとしています。もっと「伝える」ということを意識したい。私には天性のカリスマ性などみじんもないので,ある程度型を身につけて少しでも伝えられるようにする努力をする必要があると思っています。

それと構成。話に聞き入ってしまう理由の一つとして構成の力は大きいです。ですから,これまで教えてきた内容をすべて見直して練り直す必要性も感じています。

そして何よりどういう教育をしたいのかをもっともっと詰めなければなりません。伝える側がどのようなマインドセットを持っているかによって,伝わり方は180度変わってしまいます。ですから,自分はどのような教育をして,どういう人間を育てたいのか。これを日々考えていくようにしたいと思っています。

 

本のこと

今日は佐藤孝幸『出世するなら会社法』を読みました。タイトルはかなり俗な感じがしますが(笑),会社法の基礎を学ぶのにとても良い一冊だと思いました。

会社法には例外がとても多いのですが,それらを取っ払って原則にフォーカスして書いてあります。最初に読むべき一冊としておすすめです。

「出世」ということに絡めれば,たしかに会社法を知らずに経営にまわるのはかなり心もとないです。顧問を雇えばいい話といえばその通りですが,雇ったとしてもその顧問の話が理解できません。話が理解できなければ,会社の実態を把握しないまま仕事をすることになってしまいます。やはり基本的なことは知っておきたい。その意味で,たしかに出世には大切な知識だと思います。

 

明日は研究室に行きます。資料のまとめを最後少しやってから行きます。

 

出世するなら会社法 (光文社新書 524)

出世するなら会社法 (光文社新書 524)

 

 それにしてもブログ進化し過ぎててこわいと思う今日この頃です。

読むことは立ち位置を変えること

本を読むとき,雑誌を読むとき,新聞を読むとき,ネットニュースを見るとき,その目的は何なのか,意識することは大事です。

目的は人によって違うのだろうけど,成長するために共通して常に意識しておきたいことがあります。それはA地点からB地点へ行くということ。

今いる場所はA地点,読んだ後に到達する場所はB地点です。

難しいものを読む時,読んでいる途中にただただ字面を追っているだけになってしまうときがあります。そして読み終わった後に何を言っているのか結局わからず,A地点からまったく動いていないことがあります。

これでは時間がもったいない。いや,ただリラックスするためだけに活字を読む活字中毒的な方にとってはこれでいいのかもしれません。しかし,功利主義的な側面を少しでも読み物に求めるのならば,どんなにA地点に近くてもいい。B地点を意識することです。

これをするには,読んだ後にそれについて考える必要があります。これがそのまま復習になり,自分がどこからどこへ移動したのかがわかるわけですから,とても良い習慣だといえます。

 

今日はひと段落すると必ず行くサイボクハムの温泉に行ってきました。とてもリラックスしていい気分なので,久しぶりのブログ更新です。明日からまた仕事を頑張ります。寝る前に三浦瑠麗の本を読みます。

未来への態度

 

今年度はコマ数がとても多くなってしまったので、なかなかプライベートな時間が取れない。クラウドワークスもまったく手がつけられず、ほぼやめている状態だ。

 

とはいえ、精神的には充実している。立ち止まると不安が襲ってくるが、動いていればそんな余裕もない。今年度はそんな年になりそうだ。

 

今日は久しぶりの休みなので、これから友人と食事をしに行く。電車で移動中、池田純一の『〈未来〉のつくり方』を読み始めた。

 

〈未来とは、待てば自ずとやって来るものなのか。それとも、未来は、自らの手で引き寄せ、築くものなのか。〉

 

という問いかけで本書は始まる。この2つの態度のどちらを取るかで、その後の行動はまったく異なるものになる。

 

休日に、来週からの態度を考えてみたい。

もうすぐハードな期間は終わり。

なかなかハードな4日間も3日目に突入し、終わりが見えてきた。

 

今日は朝から電車が遅延して大変だったが、なんとかリカバー出来た。

 

ライティングは細々と続けていて、忙しくても1日2記事は書くようにしている。

 

今思えば、400字で32円のような記事を書いていたのがバカバカしくなるぐらい効率がいい。

 

練習段階ではあのような案件はいいのだろうが、そうでなければやってられない。

 

とはいえライティング収入の方は下がってしまっているので、ここからまた立て直していきたい。

 

とりあえず明日までは本業に集中する。

土台としてのリーダー論

昨日深夜に地上波で放送していた番組で、社長の生活に密着するというものがあった。

 

その社長が言っていたことで共感したものがあった。

 

それは「組織のリーダーは、トップではなく土台だ」ということである。

 

トップになってしまうと、大抵の人間は傲慢になる。しかし、土台だという意識でいると、謙虚になれ、かつ組織をしっかり支えようという意識も生まれる。

 

リーダーはこうあるべきだと思う。

 

土台として、そこで動く人々を煽り、組織を盛り上げていく。「組織は頭から腐る」という言葉があるが、実は土が悪くなっているのかもしれない。

 

土に栄養があれば、植物も大きく育つ。リーダーは元気であらねばならない。

初乗りは気持ちよかった!

今日もいい一日だった。

 

昼前に起きて午後は今年初の乗馬。

今日はマサルという馬に乗ったが,とても素直で良い馬だった。

 

マサルの馬装をしていると,子供がやってきて,馬はアゴがふにゃふにゃしていてとても気持ちいいのだと教えてくれながら,マサルのアゴを触っていた。

 

他の馬は触ると大抵怒るが,マサルは怒らないのだそうだ。そういうわけならと触ってみたが,これがとても気持ちがいい。

 

思わずグローブを取って素手で触ってみたが,とても気持ちよかった。あまり触っていたらマサルがちょっと後ずさりしたので,馬装の続きをした。

 

最近はどの馬に乗っても割と指示を聞いてくれるようになった。

やはり明確に指示を出すことが大事だ。これは人間にも言えることで,下の者に指示を出すときは何よりも明確であることが大事である。

 

初乗りはとても楽しかった。

 

さて,明日から仕事が始まる。いきなり柏→川越という移動が大変な日が続く。

 

体調管理をしっかりして臨むようにしたい。4日間頑張ればまた2連休なので,心地よい睡眠を目指して明日からも一日一生の精神で頑張ろうと思う。